〒501-0455  岐阜県本巣郡北方町高屋伊勢田2-82 プラザ北方 1F北
【電話番号】058-323-2503 【営業時間】11:00~20:00 【定休日】火曜日

×

CATEGORY

CATEGORY

ITEM LIST

CONTENTS

HOME»  フリーホイーラーズ»  フリーホイーラーズ “IRONALL” WORK COAT-INDIGO×BROWN

フリーホイーラーズ “IRONALL” WORK COAT-INDIGO×BROWN

  • フリーホイーラーズ “IRONALL” WORK COAT-INDIGO×BROWN

  • 販売価格

    34,560円(税込)

  • ポイント還元あり
    還元率はお支払方法によって異なります。
  • サイズ

  • 購入数

カートに入れる(大)
  • かつてオハイオ州シンシナティに,“ジ・アイアンオール・ファクトリー”というワークウェアメーカーが存在しました。
    現存するヴィンテージウェアの数も極めて少なく,また,この会社の歴史や当時リリースされていたアイテムのラインナップなど分からない事ばかりの謎に満ちたメーカーで,まさに幻のワークウェアブランドとされています。
    ただ,その随所に渡ってこだわった凝った作りと,ボタンに刻まれている文句-“Don't say Overall's-Say Ironalls(オーバーオールと言うな。アイアンオールと言え)”という力強い台詞を見れば,着る者=ワーカーの立場に立って思考を凝らして物作りしているこだわりの姿勢と,己のプロダクツと己のブランドに自信を持っている誇りの高さをビシビシと感じさせられます。
    きっと頑固で優しくてアツい男が作り上げたメーカーなのでしょう。

    独特な作りのペン挿し付き懐中時計用ポケットは,どうやったらポケットの中の懐中時計を仕事の作業中の激しい動きでも外に飛び出すことなく収まりよく収納しつつ,かつ円滑に出し入れ出来るのか,試行を重ねてやっとこの形にしたであろうことが窺えます。
    何度も実験を重ねているのが眼に浮かぶようです。
    そして素晴らしいのはチェンジボタンの裏側のリングがフロントの見返しによって隠れていることです。
    私も経験有りますが,このようなチェンジボタン付きのカバーオールのインナーにニットを着ていた時.知らず知らずの間にニットの編み目にこのリングが引っ掛かって,カバーオールを脱いだ時にニットの糸がビヨーンと伸びてしまった事が有るのです。
    しかもこのリングの根元には,ちゃんと別のデニムで当て布されています。
    次にチンスト。
    衿元を守る為のチンストですが,このカバーオールには安心感の有る太幅で長めの物が付けられていますが,必要の無い時はこれがかえって邪魔臭い。
    しかしちゃんと逆側にボタンが取り付けられているので,邪魔な時はチンストを折り返してこのボタンに付けて衿元キレイに収まります。
    チンストと同様にカフスも特徴的です。
    カバーオールのカフスと言えば,わざわざチェンジボタンを付け替えて袖口を絞ったり,袖口をずらして内側のボタンに留めるなど,簡素な作りの物が多いですが,(それがまたオールドワークウェアならではの雰囲気だったりするのですが),このアイアンオールにはしっかりした使い易いストラップで袖口を絞る事が出来ます。
    袖口を絞れば中に異物の侵入を防ぐ事が出来るので,ワーカーにとっては意外と重要な事なのです。
    あと内ポケも付いていて,裾の裏にはユニオンチケットも縫い付けられています。
    また,トリプルステッチによる縫製がこのカバーオールの頑強さを物語っています。

    生地は主に1920年代に使用されていた“エクスプレス・ストライプ”と呼ばれるブラウンとインディゴの糸で織られた少し幅広のヒッコリーストライプの生地を復刻して使用しています。
    この生地を使用した当時の物で現存する物は極端に少ないようです。
    泥臭い印象を受けますが,色落ちする事によりどんな表情を見せてくれるのか楽しみな生地でもあります。

    身幅は程よくスッキリしていて,ある意味ワーク臭くない(ドン臭くない)キレイなシルエットです。

    その誇りが高過ぎた故か,徹底したこだわりの姿勢を貫き過ぎた故か,皮肉にもこのアイアンオールは当時数々のワークウェアメーカーがひしめき合っていたまさに群雄割拠の時代の競争に勝ち残ることは出来ませんでした。
    しかし,こうしてフリーホイーラーズの手によって現代に甦る事により,かつて“アイアンオール”という力強い名前のワークウェアの雄が存在した事を知り,着る者の事を第一に考えていた作り手のこだわりと優しさをも知る事が出来ました。
    そして幻とも言えるこのアイアンオールに,更にこれまた幻と言えるブラウン×インディゴのエクスプレス・ストライプの生地を掛け合わせ,至高の一着とも言えるワークコートが作り出されました。
    泥臭くて男臭い,そして粋でヴィンテージの雰囲気漂うワークコート。
    ちょっと今までのワークコートには無い独特な雰囲気を楽しんで頂けると思います。

    ※着用画像は身長170cm,体重60kgの者が36を着ております。

    ※元価格¥45000(税抜)

    ■ サイズ表 ■

      肩幅 身幅 着丈 袖丈
    36 41cm 51cm 72cm 60.5cm
    38 43cm 53.5cm 73cm 61cm
    40 46cm 56cm 74cm 61.5cm

    サイズの測り方についてはこちら>>



関連商品