ITEM LIST

 

携帯ページ

HOMEBRAND INFOSHOP INFOHOW TO ORDERSIZECONTACT US
HOME»  CONTENTS»  BRAND INFO

BRAND INFO

アメカジブランド

ブートレガーズ

“ブートレガーズ”、彼らが服を通して伝えたい思想、文化は、50年代に生まれた”ビート・ムーヴメントから発生して70年代に花開く”ヒッピー・ムーヴメント”というアメリカ史上最大のカウンター・カルチャーを通して、数々の問題を抱え、かつモノ、カネ、メインの現代社会と現代人である我々個々を見つめ直す”鍵”であるように思えて仕方ありません。と同時に、いかに我々を喜ばそうかと秘策を練りに練りまくっているエンターテイナーでもあります。ただ単にカッコよさを追求するだけでなく、先に述べたメッセージ性と優れたデザインに同居して、肩の力を抜くふざけた一面(遊びや小ネタ)もちゃっかり忘れていません。現在、日本には並々ならぬこだわりを持った数多のアメリカン・ヴィンテージ衣料のレプリカ・ブランドがありますがこの“ブートレガーズ”ほど一品一品に情熱と思いを懸けているメーカーは無いように思えます。(個人的にはTシャツ1枚にしても”商品”というよりも、”作品”であると思っています。)アメカジ業界の”Subterranean”である“ブートレガーズ”、これからも数多くの真珠を生み出し、その小さな羽根で旅を続けるのでしょう。

革ジャンアウタースウェットロンT・9分T7分T・8分T
Tシャツ長袖シャツ半袖シャツパンツ小物

CUSHMAN(クッシュマン)

CUSHMAN(クッシュマン)

1930年代~1960年代までの古き良きアメリカのヴィンテージ・ウェアの長所、短所を十分理解した上で日本人の体型に合ったシルエット、サイズ取りをしたアイテムを作っているブランドです。特に、「日本一のヴィンテージタイプのスウェットを作ろう。」という意志のもと作られたスウェットは、最高の仕上がりを見せています。生地は弾力があり肌触りがよく、ややタイトなシルエットと相まって体に吸い付くようなフィット感を得られます。縮みも少ないので安心してサイズ確認が出来ます。リブや縫製糸も雰囲気良く、かつ丈夫な作りになっています。
その他”CUSHMAN”のアイテムは生地へのこだわり、綺麗なラインの衿、ややタイトなシルエット、絶妙なディテール・バランスを持ち、また他には無い変わった物も作ったりして、いつも我々を楽しませてくれています。

アウター長袖シャツ半袖シャツスウェットロンT
Tシャツブーツ・スニーカーパンツ小物

Django Atour(ジャンゴ アトゥール)

Django Atour(ジャンゴ アトゥール)

昔の衣服が現代の衣服に進化(退化)する過程で,時代の流行や生活習慣,大量生産,新技術の開発などにより,手間の掛かる作りや必要の無くなった作りは容赦なく省かれてきました。
(それと同時に物作りに対する作り手の“気持ち”も薄れていってしまったような気が致します。)
ですが今になって昔の衣服を見てみると、消えてしまった作りの服や,意図さえ不明な訳の分からない作りの服が何故かもの凄くお洒落で魅力的に見える事があります。
そしてむしろモダンな印象を受ける事さえあるので不思議なものです。
そんな服をお洒落の一環として自分のファッションスタイルに取り入れるのは勿論それでいいのですが,もう一歩踏み込むと,昔の人々の営み,人物像,生活習慣をも想像する事が出来,まさに心は時と世界を旅する事さえ出来るように思えます。
ジャンゴ・アトゥールは,約1800年代後半~1920年代頃に着られていたような服をベースに,現代に着易いようにアレンジした服作りをしております。
その名の由来は,かの天才ジプシージャズギタリスト,ジャンゴ・ラインハルトの名と,フランス語でアトリエを意味するアトゥールから名付けられていますが,彼らの物作りは,あたかも定住地を持たず各地を放浪するジプシーのように,服作りを通して時と世界を自由に旅しているかのように思えます。
ジャンゴ・アトゥールを通して,かの時代,かの場所,そこに暮らす人々に思いを馳せながら現代に通ずるファッションを楽しんでみてはいかがでしょうか。

>>Django Atour 商品一覧

アウター 長袖シャツ 半袖シャツ ニット
カットソゥ パンツ 靴 小物

FREEWHEELERS(フリーホイーラーズ)

フリーホイーラーズ,直訳すると自由な車輪。自由気ままな旅人や,目的や当て所の無い旅人といった意味もあります。
そんな名を冠したフリーホイーラーズの物作りは単にヴィンテージ・ウェアをベースにした凝った服を作るだけでなく,かの時代,かの場所,かの人々,かの情景を想わせる,1着の服からブワッとイメージが広がる世界観有る服作りをしています。その時代,その場所,その人々,その情景は,一箇所に留まる事なく,次から次へと変え,まさに流浪の旅。
彼らのこだわりの物作りは留まる事を知りません。
旅の終わりはまた新たな旅の始まりを意味し,その行く先は当て所の無いどこまでも続く旅路。次の旅は一体どこへ行くのか,我々をどこへ,どの時代に連れて行ってくれるのか。終着点,到達点の無いこだわった物作りは延々と続き、その轍は延々と続いていくことでしょう。

 

革ジャンアウタースウェットロンT・9分T7分T・8分T
Tシャツ長袖シャツ半袖シャツパンツ小物
ニット

BARNSTORMERS(バーンストーマーズ)

BARNSTORMERS(バーンストーマーズ)

旅回りの役者や大道芸人,かつて片田舎を巡業して回る見せ物だった曲芸飛行士,地方を遊説して旅する怪しい説法師や宣教師などを古来“バーンストーマーズ”と言います。
最初は話半分に聞いていた胡散臭そうな話でも、雄弁に語る彼らの演説っぷりに、徐々に耳を傾け、つい引き込まれていってしまう。
そんな彼らから発せられる数々の詩や物語や弁論の言葉一つ一つに、きっと力強い言霊が宿っていたのでしょう。
バーンストーマーズのプロダクツには,その1つ1つに物語が宿っています。
そのプロダクツに宿った言霊で我々を酔わせてくれるのか,はたまたアクロバットな芸や曲飛行で魅せてくれるのか。
新たな未知の世界にいざなってくれる我々の心の門を開いてくれそうな気がしてなりません。
彼らの作るプロダクツから発せられる数々の物語に耳を傾けてみようではありませんか。

>>BARNSTORMERS 商品一覧


JELADO(ジェラード)

JELADO(ジェラード)

“古い物に新しさをトッピング”というテーマでスタートしたブランドです。
古く良きアメリカのカジュアルウェアを現地より探し出し、一生着込んで楽しめる国内生産のこだわった物作りに、“今”を捉えたインパクトをプラス。
『流行に乗って洋服を着たくないけど頑に古さだけを追求してもしっくりこない。』、『アメカジは大好きだけど着たい物が浮かばない。』という方々に、是非手に取って見てもらいたいジェラードの商品の数々。
通り一遍等な国産アメカジ業界に新風を巻き起こす事が出来るのか、今後も楽しみなブランドです。

>>JELADO 商品一覧


WALK ON(ウォーク オン)

WALK ON(ウォーク オン)

“古さを損なわず,新しさを確保する”というコンセプトを元に,拘りの物作りを進める“WALK ON”(歩み続ける)と名付けられたブランドです。
ヴィンテージ・ウェアが持つ、味,風合い,縫製,仕様等,様々なディテールを継承しつつ,パターンやサイズ,シルエットなど,タウンユースとして不向きな部分を“WALK ON”なりにモデファイ。この時代,一見不必要とされるような丁寧過ぎる縫製やディテールに徹底して拘り,また,作業着,軍物,ヴィンテージとしてではなく、あくまで洋服としてのサイジングパターンで1点1点思いを込めて物作りをしていく“WALK ON”。
今もこれからも“古くて新しい”洋服として,妥協なくゆっくりと丁寧に歩んでいく“WALK ON”。期待のブランドです。

>>WALK ON 商品一覧


インポートブランド

BARBOUR(バーブア)

BARBOUR(バーブア)

オイル・コットンを使用したジャケットで有名な”BARBOUR”は100年以上も前にイギリスで生まれ、日本でもすっかり定番となっています。
その魅力は時代に流されない重厚な渋い雰囲気と丈夫な作りと機能性にあります。本来は主に釣りやハンティング、乗馬、バイクなどのアウトドア・スポーツによく用いられてきたのですが、その不変のデザインは着回しが利き、ジーンズに合わせたり、スーツの上からコート代わりにしたりして着用できます。オイルを含ませたコットンは完全防水なので雨の日にも最適で、小雨が降る日なんかは”BARBOUR日和だな。”なんて思ってしまいます。またそんな天気と”BARBOUR”の雰囲気がよく合うのです。雨には雨の楽しみ方がある、そんな心の余裕を持って”BARBOUR”を羽織ってみてはどうでしょう。

オイルド・ジャケットキルティング・ジャケットセーター小物

FILSON(フィルソン)

FILSON(フィルソン)

”FILSON”を語る上で有名な言葉があります。「親から子へ、子から孫へ。」つまり3代に渡って着継がれるジャケットということです。
特に”ダブル・マッキーノ・クルーザー”は代表的なジャケットで、90年も前からその製法、デザインは変わっていません。
耐久性はもちろん、100%ヴァージン・ウールにこだわった”マッキーノ・ウール”は真冬でも十分に暖かく体を包み込んでくれます。
一生ものなんて言葉はよく耳にしますが、”FILSON”はその約3倍、こんなドラマチックな事が可能なら叶えてみたいものです。

>>FILSON 商品一覧


LAVENHAM(ラヴェンハム)

LAVENHAMはMrs.エリオットによって1969年ロンドン北東部にあるサフォーク州の小さな村ラヴェンハムで設立されました。
Mrs.エリオットはエリザベス女王に仕える女官で、乗馬をする女性の為にキルティング加工をしたナイロン生地で馬用の毛布を作ることを思いついたのが設立の初めと言われています。
当初は、乗馬用具業界での地位を確立していましたが、とても軽い上に丈夫で、かつ保温性が高い。しかも値段が手頃であったので、瞬く間に広がりました。
LAVENHAMのキルティングジャケットが日本に上陸したのは1992年。お洒落で敏感な若者達から多くの指示を受けました。
ジャケットに使用される素材もナイロンだけでなく、ポリエステル、ツィード、コットン、リネン等豊富に取り揃えられ、近年ではポリエステル素材のものも、豊富なカラーバリエーションを誇っております。

>>LAVENHAM 商品一覧


INVERALLAN(インバーアラン)

INVERALLAN(インバーアラン)

Inverallanは英国最大にして、ハンドニットの最高峰ブランドです。
ニット職人が最上質のピュアウールを約90時間かけて、25,000回以上編み込む事により誕生します。
商品タグには一つ一つ担当したニッターのサインが入り、クオリティーの高さが伝わってきます。
しかし現在ではこの伝統技術に熟達したニット職人が減り、非常に希少な物となってしまって、一着購入すれば一生ものになります。

>>INVERALLAN 商品一覧



 

その他

MILLREEF(ミルリーフ)

MILLREEF(ミルリーフ)

ヴィンテージ・スニーカーの雰囲気と、履きやすさと、洗練されたフォルムを兼ね備えた、国産スニーカー・ブランドです。
その製法のこだわり方は半端じゃありません。特に新しい時よりも履き込んだ後の事を考えたスニーカーなんて他には無いと思います。(言うなれば、レプリカ・ジーンズと同じ考え方です。)生地の表地と裏地の接着を昔の製法に従って糊を両面に塗り、加熱して接着するという恐らく他ではやっていない方法で生地を貼り合わせてあります。この結果、生地が硬くならず足にフィットして細身のシルエットを作ります。さらに洗いこんで糊が取れてくると足に馴染んでよりシャープになってきます。またシューレース間を細く縛り上げられる作りもシャープさに一役買っていてパッと見の印象が最も他とは異なります。クッション性も良く、ローテク・スニーカー独特の腰にくる衝撃が全然ありません。少量生産の為、取扱店舗も少なく全国で20数件しかありません。一度履いて頂くと、その良さを実感して頂けると思います。

Gallop HiGallop OxGallop Suede
EddySpiritsRodeo

WHITE'S BOOTS(ホワイツ・ブーツ)

WHITE'S BOOTS(ホワイツ・ブーツ)

“いつかはホワイツ”そう思っていらっしゃる方も多いのではないでしょうか。
初めて“WHITE'S”を履く人はその独特なフィット感に感動を憶えると思います。
土踏まずの部分が適度に盛り上がり、絶妙なフィット感を得られ、今まで体験した事の無い履き心地を約束してくれるのです。
そしてゴツさと流線形が同居した独特なフォルムと、職人の魂が宿ったアメリカ製品の持つ独特なオーラが我々の心を虜にしてしまうのです。眺めながら一杯やれるブーツなんてなかなか無いと思います。
もちろん数々のカスタム・オーダーが可能で、約2~3ヶ月で出来上がってきます。まずは店頭で履いてみて下さい。「おっ!」とつい口に出てしてしまいます。
そして買ったらもうそのブーツはあなたと共に歩き、たまに良い飲み友達になってくれることでしょう。

Semi DressSmoke Jumper/Hunter/NorthwestBountey Hunter
Hathorn Cowboyメンテナンス・グッズ

 
HOBO & THE TRUCKING CO.(ホーボー&ザ トラッキン)

HOBO & THE TRUCKING CO.(ホーボー&ザ トラッキン)

“HOBO”-浮浪者,渡り労働者。1930年代,大恐慌時代のアメリカで,列車のただ乗りやヒッチハイクを繰り返しながらその日暮らしを生きた漂泊者達。
“TRUCKING”-運送,物々交換,交易,行商。

>>HOBO & THE TRUCKING CO. 商品一覧

 
 
 
HIGH ACE(ハイエース)

HIGH ACE(ハイエース)

当店は今迄,財布類はとても要望が高かったにも関わらず何も扱ってきませんでした。
自分でも使ってみたい財布や,なかなか“コレ”といった財布に巡り会わなかったからです。
理想としては,質の高い革を使っていて使い勝手が良く, 分厚くならずポケットなどに入れてもスッキリと収まりが良く,かつ上品過ぎないが雰囲気はしっかり有る財布を思い浮かべていましたが, それらの条件を全て満たす財布には出会えませんでした。
慌てる必要も無いですし、いつかそのうち出会えるだろうとのんびり構えていましたが, やっとその条件にピッタリはまった財布に出会う事が出来ました。
その名は“HIGH ACE”。北海道は帯広で製作されています。
質の高いイタリアンカーフやコードバンなどを贅沢に使用し,どの形も薄く仕上げられており, かつカードなども含めて収納力の高い使い勝手の良い作りとなっています。そして全て手縫いで縫ってありますのでハンドメイドならではの味わいが有り,コバも丹念に磨き上げられています。
さらに驚きなのは良心的過ぎるようにさえ思えるその価格です。
しかもレザーの種類やカラー,更に基本的な作り(仕様)のオーダーにも応えてくれます。
(当店の在庫は基本となる形をベースに,若干のアレンジやレザーやカラーの仕様などをオーダーした物になります。)
持っているだけでも気分が良くなる高級感溢れるコードバン、使い込んでいくと光沢が出て大変味わい深くなっていくイタリアンカーフ、どちらも魅力的ですが、その落ち着いた雰囲気はカジュアルは勿論、フォーマルにも使え、また飽きが来ず長く御愛用頂けると思います。
私と同様,このような財布を待っていらっしゃった方も多いのではないでしょうか。

>>HIGH ACE 商品一覧

 
 
ROLLING DUB TRIO(ローリング ダブ トリオ)

ROLLING DUB TRIO(ローリング ダブ トリオ)

 

>>ROLLING DUB TRIO 商品一覧