ITEM LIST

 

携帯ページ

HOMEBRAND INFOSHOP INFOHOW TO ORDERSIZECONTACT US
HOME»  バーンストーマーズ»  バーンストーマーズ Bolt & Nut Workingmen's Furnishings Screw Nut Ring Triple Heavy Sterling Silver

バーンストーマーズ Bolt & Nut Workingmen's Furnishings Screw Nut Ring Triple Heavy Sterling Silver

     

NEW

  • バーンストーマーズ Bolt & Nut Workingmen's Furnishings Screw Nut Ring Triple Heavy Sterling Silver

  • 販売価格

    45,360円(税込)

  • ポイント還元あり
    還元率はお支払方法によって異なります。
  • サイズ

  • 購入数

カートに入れる(大)
  • 燦々と陽光が降り注ぎ、夏はカラッとした心地良い暑さで、冬もわりと温暖で、年間を通して過ごしやすいカリフォルニア。
    やっと〝約束の地”カリフォルニアに辿り着いた、渡り労働者〝ホーボー”や、〝オーキー”と呼ばれたダストボウルの被害に遭ってオクラホマの地を追われた人々など、金も住処も無く、ただただ西を目指して遠い旅路をはるばるやって来た漂泊者達ですが、夢にまで見たカリフォルニアでの現実はあまりに厳しく、土地の人々からは疎まれ蔑まれ、やっと仕事にありついたとしても足元を見られて食っていくこともままならない程の安賃金で長時間働かされ、先が全く見えない厳しい生活を強いられることになります。
    追い詰められた彼らの先にはもうこれ以上西に行くことは出来ず、眼前にはだだっ広い太平洋とビーチしか広がっていません。
    北米大陸の行き止まり、人生の行き止まりで愕然と肩を落とす者もいれば、ビーチを力強く踏みしめてこう思う者もいます。
    「人生、まだ棄てたもんじゃねぇ。ビーチで暮らしてさえいればまだマシかもな。」と。
    今回のバーンストーマーズのコレクションは、生と死の狭間で、海と陸がせめぎ合う自由の渚で、しぶとく逞しく生きる人々にスポットを当てます。

    ビーチに打ち上げられたモノや打ち捨てられたモノを拾ったり、それらのモノで何か別のモノをこしらえて生活のタシにする人々を〝ビーチコマー(BEACHCOMBER)”と言います。
    ("COMB"とは、櫛などで梳(す)くという意味があります。つまり砂を梳いて埋もれたモノを手に入れるという訳です。)
    特に嵐の後や、波の強かった日の翌朝はビーチコーミング日和です。
    打ち寄せられた廃材で小屋を建ててしまうこともあれば、貝殻でアクセサリーを作ったり、ヤシの実でボタンや土産物めいた小物を作ったり、流木で何かオブジェ的な物を作ったりして生活のタシにする、それがビーチコマーの生き方です。
    もしかしたら黒潮に乗って北大西洋海流を経てカリフォルニア海流に乗り、はるばる日本からカリフォルニアに届いたモノもあるかもしれません。
    遠い地に住む誰かからのメッセージ・ボトルが見つかるかもしれませんし、打ち上げられた物から遠い地へロマンを馳せる事もビーチコーミングの楽しみ方です。

    こちらは、ナットをモチーフにしたスターリング・シルバー製のリングです。
    ナットの穴は、ネジ穴になっています。
    ナットのトップには、"47"の数字が入ります。

    このリングにはオプションで、ネジ穴に天然石を入れる事も出来ます。
    また、こちらは3連ナットなので、1個だけ石を入れる事も出来ますし、1個ずつ増やして入れていく事も可能です。
    天然石は6種類有り、石によって値段は異なります。
    ・ロンドンブルートパーズ(紺碧)¥16200
    ・ブルートパーズ(スカイブルー)¥11340
    ・ペリドット(黄緑色)¥12960
    ・アメシスト(紫)¥14580
    ・シトリン(淡黄色)¥11880
    ・ガーネット(ザクロ色)¥10800
    ※上記のお値段は、取り付け費用込みの税込みのお値段です。
    ※リングをお買い上げ頂いて、しばらく経ってからでも石を入れる事は出来ます。
    ※一番下の写真のサンプルは、左からシトリン、ロンドンブルートパーズ、ペリドットです。

    日の光が強ければ強いほど影も濃くなります。
    西海岸に降り注ぐ眩い陽光にくらんだ目で、じっと濃い影を見つめ続けていると次第に目が慣れて見えてくるモノがあるはず。
    その陰には世間とは隔たって営む人々の暮らしや知恵が垣間見えます。
    どう生きようが死のうがオイラの勝手。
    だって失うモノは何も無いんだから。
    一文無しのみに許された自由。
    その自由を実際に手に入れようとする勇気は我々にはなかなか起こりませんが、そう考える事で今の自分を取り巻く状況がまだマシに思え、心が少し軽くなるかもしれません。


関連商品