ITEM LIST

 

携帯ページ

HOMEBRAND INFOSHOP INFOHOW TO ORDERSIZECONTACT US
HOME»  フリーホイーラーズ»  フリーホイーラーズ BRAKEMAN COAT-CANYON BROWN (2017 MODEL)

フリーホイーラーズ BRAKEMAN COAT-CANYON BROWN (2017 MODEL)

NEW

  • フリーホイーラーズ BRAKEMAN COAT-CANYON BROWN (2017 MODEL)

  • 販売価格

    248,400円(税込)

  • ポイント還元あり
    還元率はお支払方法によって異なります。
  • サイズ

  • 購入数

カートに入れる(大)
  • フリーホイーラーズの代表的なレザー・ワークコート、“ブレーキマン・ワークコート”です。
    そのシンプルで飽きの来ないクラッシックな佇まいと完成度の高さ故、発売以来多くの人々を魅了し続けています。

    キャニオンブラウンは毎年革の表情や色合いが異なりますが、この2017年モデルは、赤みは少ない色合いで、個体差は有りますがシボが多めのしなやかな革で、光沢感と色ムラの有る革です。

    第1次大戦後の好景気に浮かれ、その裏側ではマフィアが暗躍し、巷ではジャズが流行していた“Roaring Twenties(喧騒の20年代)”と呼ばれたアメリカ1920年代。
    “ブレーキマン”と名付けられたこのハーフコートは、そんな20年代に作られたハーフコートを元に作り上げられました。
    その名のとおり機関車のブレーキ担当者(制動手)という意味です。
    ちなみに時代は異なりますが、〝ニール・キャサディ”もブレーキマンの仕事経験が有ります。
    古いカバーオールのようなシルエットを持つこのハーフコートの佇まいはまさに“レザーワークコート”という言葉がピッタリで、当時どのような人物がどのような時に着ていたのか自ずと想像を掻き立てられます。
    例えばその人物像は、悪政とも評される禁酒法が適用されていたこの時代、密造酒の運び屋“ブートレガー”かもしれませんし、来たる1929年に世界をドン底に陥れた大恐慌の煽りをまともに受け路頭に迷った失業者達や、仕事を求めて列車にタダ乗りして旅をするその日暮らしのホーボーかもしれません。
    更に、“ダストボウル”と呼ばれる大規模な砂嵐で農場も家も壊滅的な被害を受け、住み慣れたオクラホマの土地を追われ新天地カリフォルニアを目指し、幼い子供達を連れて途方も無い距離を旅する一家の長かもしれません。(やっと辿り着いたカリフォルニアでは“オーキー”と呼ばれ蔑まれ、差別を受ける者も少なくないのですが。)
    ただこのコートを見ていると、なんとなくその時代の人の逞しさやしたたかさを感じさせると言えば妄想のし過ぎでしょうか。

    また一方で、そのシンプルな作りから生み出される独特の雰囲気は、一般的なレザーコートには無いモダンな印象も受け、新鮮にも感じます。
    程よく曲線を描いた綺麗な形の台衿付きの衿にはチンストラップが付き、ワークウェアっぽい雰囲気を漂わせています。
    各ポケットはフラップやジッパーが無く、革ジャンとしてはちょっと珍しい細い両玉縁仕様になっており、このレザーコートの持つ独特なシンプルな雰囲気を演出しています。
    また、手が入れやすいように、僅かにポケット口が開いている凝った作りになっています。
    ライニングは、身頃部分には暖かいコットン・ウール、袖部分には滑りがよくて動きやすいコットン・フランネルを使い分けてあります。
    袖の中には内リヴも取り付けられているので暖かいです。
    内ポケットの中に使われている生地がインディゴ・ウォバッシュになっている点や、ポケットの裏にユニオンチケットが付けられているのも見えない点ではありますが嬉しい仕様です。
    あとちょっと分かり難いですが、フロントのラインが若干波打っているのも特徴です。
    また、全て細かいピッチで縫われたステッチも、クラッシックな雰囲気を生み出す大きな要素となっています。

    使用している馬革はしなやかで程よくシボがあり、着込むにつれシワが刻み込まれてシボがより浮かび上がってきて、立体的かつヴィンテージ感漂う味わい深い表情になっていきます。
    また、ハンドフィニッシュの着色による馬革は、革本来の味わいを最大限に生かした仕上がりになっています。
    元々有った革の表情を生かした手法ですので中にはシミや擦り傷が見られる物も有りますし、部分部分でシワやシボの表情も異なり、新品ながらとても味わい深い表情をしています。
    さらに着込んでいくと擦れた部分は色落ちしますし、シワが刻まれシボが浮き上がってくるので、まさに育て甲斐のある革ジャンと言えると思います。

    まさに“ワンス・アポン・ア・タイム・イン・アメリカ”の時代を彷彿とさせるレザー・ハーフコートです。
    あの激動の時代を生き抜いた人々に思いを馳せてこの“ブレーキマンコート”を着ると、感慨深い気持ちにも似た不思議な感情が湧いてくると同時に、この厳しい今の時代を生き抜く勇気や覚悟のようなものがフツフツと湧いてくるようにも感じます。

    ※写真のブレーキマンコートはサイズ40です。
    ※こちらの革は個体差がございますので、一着一着シワやシボの表情が異なりますので御了承下さい。
    御注文の際には現物の画像をお送りさせて頂きますので、お気軽にお申し付け下さい。
     

    ■ サイズ表 ■

      肩幅(shoulder) 身幅(chest) 着丈(length) 袖丈(sleeve)
    34 --cm --cm --cm --cm
    36 44cm 50.5cm 67cm 62.5cm
    38 46cm 52.5cm 69cm 64cm
    40 47.5cm 54.5cm 70cm 64.5cm
    42 49cm 56.5cm 71.5cm 65.5cm
    44 51.5cm 59cm 74cm 66cm

    サイズの測り方についてはこちら>>



     

関連商品