ITEM LIST

 

携帯ページ

HOMEBRAND INFOSHOP INFOHOW TO ORDERSIZECONTACT US
HOME»  フリーホイーラーズ»  フリーホイーラーズ SAN MATEO-RUDE BLACK (2017MODEL)

フリーホイーラーズ SAN MATEO-RUDE BLACK (2017MODEL)

NEW

  • フリーホイーラーズ SAN MATEO-RUDE BLACK (2017MODEL)

  • 販売価格

    280,800円(税込)

  • ポイント還元あり
    還元率はお支払方法によって異なります。
  • サイズ

  • 購入数

カートに入れる(大)
  • フリーホイーラーズの手によって約70年の時を経て現代に甦ったモーターサイクルジャケットの傑作、〝サンマテオ”です。

    時は1930年代。
    モーターサイクルジャケットの黎明期とも言えるこの時代、モーターサイクリストの安全性、機能性、防寒性、防風性を第一に考えて各社志向を凝らしていました。
    手の込んだその作りはデザイン的にも多岐に渡っており、様々な作り,ディテールを持ったモーターサイクルジャケットが世に出ていき、この時代に登場した“アヴィエイタースタイル”は,極めて完成度の高いモーターサイクルジャケットとして高い評価を得ています。
    そんな中に、その後の大量生産時代の到来と共に消滅してしまったサンフランシスコの“ピーターズ”や、ボストンの“レザートグス”といった小さなローカルブランドがありました。
    どちらも他のライバル会社に多大な影響を与えたオリジナル性溢れるデザインを持ち、上質な革、目に見えない部分にまでこだわったカスタムメイドが特徴で、少量生産だったこともあり現在ではヴィンテージ市場でも滅多に目にすることが出来ないレアな存在で、かつ高値で取引されています。

    この“SAN MATEO”のベースとなったモデルはそんな消えていったブランドの一つで、“知られざる戦前の究極”とも言われる“ピーターズ”の30年代のモーターサイクル・ジャケットで、一見してかなり手の込んだ作りであることがお解り頂けると思います。

    まず目に飛び込んでくるのは個性的な襟の形です。
    しかもスタンド・カラーなのにダブルというちょっと変わった仕様で、これは防風、防寒性を高めると共にヘルメットに干渉しない機能的な作りになっています。
    実際に着て襟を閉じた状態にすると、ボタン位置や襟の形が見事に計算された作りであることがお解り頂けると思います。
    背中のデザインの美しさもピーターズならではの作りで、30年代のジャケットで見られる“ダイヤモンド・プリーツ”、サイドは戦前製としては珍しいレースアップというとても手の込んだ作りになっています。
    “カリフォルニア・スタイル”のややショート丈のシルエットも特徴です。

    ライニングは、身頃部分は暖かいコットン・ウール、袖部分は滑りがよくて動きやすいチェックのコットン・フランネルを使い分けてあります。
    各ポケットの内側もチェックのコットン・フランネルを使用していたり、裏の腰の部分のレザーはライトブラウンのホースハイドを使用していたり、見えない部分もお洒落です。
    腰のベルト・ループとスタンド・カラー部分のドットボタンは元々は付いていなかったパーツらしいのですが、このジャケットを作るにあたって参考にした当時物のジャケットがこのような作りになっており、おそらく当時のジャケット所有者がカスタムしたんじゃないかということです。
    このような事からも当時細かいオーダーに対応出来ていた事が解ります。

    使用しているホースハイドは、しなやかな中にもコシのある馬革ですのでシワを刻み着込んでいく着応えも実感して頂けますし、シボが有る部分は着込むほどにシボ感が立体的に浮き上がってくるのも魅力です。
    着込んだその表情を見ると、まるでヴィンテージ・レザージャケット特有のオーラを放っているような、そんな錯覚に陥ります。
    また、このルード・ブラックの革の着色は下地が茶色ではない為、表面が剥げても茶色にはなりません。

    一見ハードなジャケットですが、着る人をセピア色の時代にいざなってくれる、生まれながらにしてヴィンテージの風格漂う至高の一着です。
    このジャケットを手に入れた方は、着込んでこのジャケットの持つ独特の雰囲気を味わう幸せと、まるで時間旅行をするような錯覚を感じて頂けると思います。

    また、このジャケットにはこんな話もあります。
    かの“ラングリッツ・レザーズ”の創始者、“ロス・ラングリッツ”が1940年代の創業当初、ラングリッツの看板となる記念すべき最初のモーターサイクル・ジャケット“コロンビア”を生み出すのですが、それ以前に彼は最初に作るジャケットのベースとなるモデルを探しており、この“SAN MATEO”のベースとなったモーターサイクルジャケットを知人から借りていたそうです。
    結果彼はこのデザインを使わなかったのですが、もしロス・ラングリッツの気が変わっていればライダースの歴史が変わっていたかもしれませんね。

    ※写真のサンマテオはサイズ42です。
    ※こちらの革は個体差がございますので、一着一着シワやシボの表情が異なりますので御了承下さい。
    御注文の際には現物の画像をお送りさせて頂きますので、お気軽にお申し付け下さい。
     

    ■ サイズ表 ■

      肩幅(shoulder) 身幅(chest) 着丈(length) 袖丈(sleeve)
    34 --cm --cm --cm --cm
    36 44cm 49cm 57.5cm 62.5cm
    38 46.5cm 51cm 60.5cm 64cm
    40 47.5cm 52.5cm 61.5cm 64.5cm
    42 49cm 54.5cm 63.5cm 65cm
    44 52cm 58cm 65.5cm 66cm

    サイズの測り方についてはこちら>>
     



     

関連商品